2008年08月13日

育児ノイローゼ

育児ノイローゼに悩む人は年々増えており、誰もがなりうる症状だという話をよく耳にします。

核家族化が進む現在では初めての育児で悩んだり、つまづいたりしても相談できる相手が少ないのも原因です。結果一人で悶々と思い悩んでしまう人が増えているようです。

育児ノイローゼは育児に多く携わる人に発症する確立が高く、中心的に育児に携わっているのであれば男女の差はないようです。生まれたばかりの赤ちゃんは3時間おきの授乳やオムツ換えなどの世話が必要です。心身ともにリラックスできる時間がほとんどない事も育児発症の要因のようです。

育児ノイローゼになってしまうと赤ちゃんの世話をするのも嫌になり、最悪な場合は赤ちゃんの命を脅かしてしまう事にもなりかねないと聞きます。大丈夫という言葉を鵜呑みにせずに、肉体的にも精神的にも余裕がもてるようにサポートすることが大切です。

育児ノイローゼは神経症であり、立派な精神的病気でもあります。気付いた時は早めに専門家の診療を受けると良いと聞きます。軽いうちは、周囲のサポートにより改善するのも早いようです。しかし、周囲の理解を得られないまま進行すると、鬱病や虐待などの深刻な問題に移行していく事も少なくないようです。

ただし、誰もが虐待や鬱病になるわけではないので、育児ノイローゼに対する認識を誤ってはいけないと聞きます。真面目な人や几帳面な性格の人ほど育児ノイローゼになりやすいとも聞きますから、思い当たる人は用心しておくと良いかもしれませんね。初期の症状ならば、早期発見で早期解決することも容易だそうなので、周囲が早めに気付いてあげると良いかもしれませんね。

育児ノイローゼを実際に経験した人の話を聞いてみると、その間の育児は正に生き地獄だったという人が多いようです。初めての育児は誰もが戸惑ううえに、慢性的な睡眠不足や日常的な家事などで心身ともに疲れ果ててしまうようです。また、最近は育児書などに頼りすぎて自分を見失った結果、育児ノイローゼになってしまう人もいると聞きます。

子育ては四角四面で出来るものではなく、育児書は単なる目安と考え、心に余裕をもって育児をすると良いかもしれません。
posted by ねこ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼとストレス

ストレスとは精神的に感じる苦痛や緊張、またそのような状況を指す言葉で、育児によるストレスによりノイローゼになる人も少なくないと聞きます。

育児ノイローゼを早期解決するためには、原因であるストレスを取り去る事が必要で、周囲のサポートが大切なようです。

特に出産間もない新生児などは3時間置きの授乳などに代表されるように大変手がかかります。ですから、過度のストレスを感じてしまう人も多いようです。

育児ノイローゼにならない為には周囲の手助けや精神的な支えなどが大切です。また一方で、本人の考え方ひとつでも簡単に育児ノイローゼを回避する事ができるようです。
核家族化が進んだ現在では育児書を参考にして子育てをする人が多く、育児書と少しでも違うとストレスを感じてしまうようですね。そして、最終的に育児書のせいで育児ノイローゼになる人もいるようです。

また、オムツ交換をしたとたん汚れたり、着替えが済んだとたん汚されたりという繰り返しによってストレスを感じる人もいるようです。
私自身子育ての経験があり、育児は見えないトンネルの中でもがいているような状況に思えることが多々ありました。育児ノイローゼになるのではと思った事も一度や二度ではありません。しかし、私が思い症状に至らなかったのは、赤ちゃんとは無駄と思えることを何度も繰り返して成長するものだと早々に諦めがついたおかげかもしれません。

早め早めにストレスを解消させる方法は色々あります。

新生児期の慢性的な寝不足を解消する為に、周囲の人がほんの30分でも赤ちゃんの面倒をみてくれることなどが大切です。このような実質的サポートばかりではなく、子育てをしている人の苦労を理解してあげることも必要です。そして、感謝の気持ちを表したりするだけでも随分ストレスが緩和されるようです。

女が子育てをするのは当たり前、誰でも子育てくらい完璧に出来るものという誤った認識を持っている人などは、育児ノイローゼを悪化させる原因になりかねませんから気をつけた方が良いでしょう。



posted by ねこ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼの深刻さ

双子を育てている人に話を聞いてみると、育児中にノイローゼになるのではないかと思った事がある人が大変多いという結果があるようです。

一人でも大変な子育てという状況の中で、双子の育児はさらにハードルがあがる傾向にあります。切れ間のない育児で、ノイローゼ状態になってしまう人もいるようです。双子は昔から双子特有のテレパシーなどで通じている事も少なくなく、同時に泣かれたり同時に要求したりという状況から、育児ノイローゼになってしまう事もあるようです。

一人だけであれば赤ちゃんが寝ている間にわずかでも休憩を取ることも可能です。しかし、双子の育児では休憩も皆無という時があり、育児ノイローゼになってしまのうかもしれません。

しかし、双子をもつ親が全てなるのではなく、若干可能性が高いというだけのようですからそれほど心配しなくても良いようです。

育児ノイローゼは慣れない育児によるストレスが原因であると言われ、双子などの多胎児はさらに精神的、肉体的ストレスがたまり易いと聞きます。双子など多胎児の育児に携わる人は単純計算でも苦労は倍になることを考えて、早めに身内や友人などのサポートをお願いしておくと良いでしょう。

官公庁などでは、多胎児の親に対するサポート事業なども数多くあるようなので積極的に活用してください。もちろん、多胎児の親でなくても気軽に相談にのってくれる行政電話相談などもあるようですので、活用してゆきましょう。

育児ノイローゼによる虐待なども最近増加傾向にあるようで、行政などが率先して対策を講じているようです。保健士などが積極的に出産後の経産婦の状況を電話で確認をしているという実例や、産婦人科の定期検診で相談を行っているようです。

育児ノイローゼは、一人で考え込んでしまうことがよくないのです。恥ずかしがらずに多くの人の手助けを請うと良いかもしれませんね。インターネットの育児サイトなど活用して悩みやストレスを解消している人も多いと聞きますから、利用してみると良いでしょう。
posted by ねこ at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼの症状

育児ノイローゼの症状は人によって様々です。

慢性的な虚脱感や虚無感を感じる人もいます。赤ちゃんの世話だけでなく自分の事すらも何もしたくないと思ってしまうようです。

赤ちゃんと2人きりで家に閉じこもりがちになってしまう新生児期は、特に社会から取り残されたように感じてノイローゼの傾向が強まるようです。育児ノイローゼになってしまうと本人だけでなく、赤ちゃんまでも危険な状態になる事もあるようですから周囲の人は常日頃から出来る限りのサポートをすると良いでしょう。

症状が進むと、鬱病や虐待などに発展するケースも多く、育児ノイローゼによる事件や事故が絶えることはないようです。鬱病とは精神病の一種で慢性的に絶望感や不安感などが襲ってくるものです。育児ノイローゼが発端となる場合も多々見受けられると聞きます。

育児ノイローゼから虐待に発展するケースでは、育児というものが核家族化の影響で閉鎖的な空間で行われる場合が多いことも原因のひとつとなっているようです。鬱病も虐待も進行すればするほど赤ちゃんの生命を脅かしかねない重大な事態になりかねないです。ですから、早めにストレスを解消させるよう手助けする必要があるでしょう。

育児ノイローゼによって起きる事故や事件などは本人も追い詰められた末の出来事であり、周囲のサポートがあれば回避できたものも少なくないようです。一人で子育てという激務を抱え込まないよう手助けすることで、育児ノイローゼになり難い環境を整えると良いようです。実際になった人の話を聞いてみると、育児中の孤独感や周囲の無理解や手助けの無さなどが原因という人もいるようです。

育児ノイローゼは決して特別な環境や性格の人がなるものではなく、誰もがなる可能性があることなので気をつけた方が良いでしょう。
posted by ねこ at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼの診断内容

育児ノイローゼになっているかどうか自分で簡単に調べることが出来るチェックシートが大変な人気のようです。

育児経験のない者にとって初めての育児は大変なストレスを感じるものです。上手にストレス解消ができずに悩んでしまう人も多いようです。
大切な待ち望んだはずの赤ちゃんがストレスの原因となってしまうのは悲しいことです。しかし、育児ノイローゼになった人の中には理屈ではない苦労を感じている人がたくさんいるようです。

私自身も、自分が育児ノイローゼになってしまうのではないかと悩んだ事が度々あります。また、育児経験が未熟な者だけでなく、子沢山や双子などの多胎児を育てている人も育児ノイローゼになる危険性を感じているようです。

育児ノイローゼ予備軍だったかもしれないと思う私にとって、初めての育児は喜びよりも苦労の方が勝っていたかもしれません。初めての育児は慣れない事や分からない事の連続でした。さらに慢性的な睡眠不足や一日中子どもと2人きりという閉鎖的な環境は、ストレスがたまるばかりで、ノイローゼ一歩前だったような気がします。

特にストレスがたまっていた時などは、世界中に子供と自分の2人だけが取り残されてしまったような感覚になります。育児ノイローゼになるかもしれないという自覚さえありました。本当は子どもと楽しく過ごしたいと思う一方で、全てから開放されて自由に過ごしたいと思う気持ちもあり、毎日葛藤の連続だったような気がします。
そのようなストレスが大きい毎日の中で私が育児ノイローゼにならなかったのは、やはり愛する人との大切な子供であるという愛情が勝っていたからかもしれません。

このように、現在育児中の多くの人が育児ノイローゼ予備軍として綱渡り状態の毎日を送っているようです。

定期的にストレスを解消することで回避できるようです。しかし、多くの人がストレス解消を出来ない状況にあると聞きます。育児ノイローゼ予備軍から脱出する為にも、家族のサポートはとても重要な意味合いを持つことをしっかり認識すると良いでしょう。

また、自分の性格などからノイローゼになりそうだと感じる人は、育児ノイローゼ自己診断などを利用して問題点の予防に努めると良いかもしれません。
posted by ねこ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼの治療方法

育児ノイローゼの治療では育児に対する悩みやストレスをひとつずつ解消していくことで効果が現れると聞きます。ストレスは現在社会において切っても切れないものです。

慣れない育児に対する不安や悩み、睡眠不足などの肉体的疲労なども原因となると聞きます。大半の家庭では母親が育児に携わる事が多く、子供がいることで行動も制限されてしまうことからストレスを感じ、育児ノイローゼになってしまう事もあるようです。

育児ノイローゼは、特殊な環境や性格によるものではなく、誰もがなってしまう危険性をはらんでいると聞きます。適切な治療やサポートによって解消することも容易ですから、あまり悲観し過ぎないようにすると良いでしょう。

治療ではストレスに感じている事などをひとつひとつ解決していくことで症状の改善がみられるようです。ただ、本人が症状改善にどれだけ努力していても回りの環境が変わらなければ元に戻ってしまう事もあります。ですから、家族全員で取り組んだ方が良いかもしれません。

育児ノイローゼになる人は決して心の弱い人や不真面目な性格の人ではありません。偏見などで誤った認識をしないよう気をつけると良いかもしれません。一人で抱え込んでいた育児を家族で分散させることによって負担は随分軽減し、ストレスも減ります。ですから常日頃から、家族の協力が大切なようです。

育児を手伝うだけでなく日常的な家事を手伝うだけでも負担はかなり減るようですから、出来る事を出来る範囲ですると良いようです。

育児ノイローゼから鬱病などに発展するケースも多々あるようで、その場合の治療は長期化するものも少なくないようです。
精神的な負担や肉体的な負担を取り去っても悲観的な感情を持ってしまう鬱病などの病は、早く気付くことで未然に防げるかもしれません。

育児によるストレスは慣れない育児の大変さも関係しているようですが、周囲の無理解も大きな原因となっているようです。
子供を育てるということは肉体的にも精神的にも大きな負担を感じることですから、育児ノイローゼは誰もが経験するということを念頭においてサポート体制を整えると良いでしょう。
サイトでは育児ノイローゼに関する情報や、チェック表などがあるようなので参考にしてみるのも良いでしょう。

posted by ねこ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼのカウンセラー

カウンセラーを積極的に活用して、育児ノイローゼという生き地獄から脱出している人がたくさんいるようです。カウンセラーとは、悩みなどの相談にのってくれたり助言をしてくれたりする人であり、育児に悩む人の心強い存在となっていると聞きます。

育児ノイローゼのカウンセリングは、時には子育て経験豊富な年輩の女性などがボランティアで活躍することもあるようです。

育児に対する悩みなどを人に言うのは恥ずかしいと思う人も多いようです。しかし、カウンセラーは決して個人情報は口外しないと聞きますから安心できるかもしれません。
会話することによって、育児の悩みを解決したりストレス解消したりする事も出来るようなので利用してみると良いでしょう。

育児ノイローゼカウンセラーと聞くと少々仰々しい感じがするかもしれません。しかし、気軽に相談する事が出来る悩み相談所という認識でよいようです。
友達や身内に聞くとバカにされるかもしれないというような些細な悩みでも、カウンセラーは親身になって相談にのってくれるようです。
もちろん育児ノイローゼになっていない人も活用することが可能と聞きます。ですから、おばあちゃんの知恵袋的存在で心の支えにしてみるのも良いかもしれませんね。

育児書などに固執するあまり、自分で自分にストレスを与えてしまわないよう、育児に正解というものは存在しないということを認識すると少しはラクかもしれません。
みんな同じように同じ事で悩んでいると知るだけでも育児ノイローゼ解消に役立つかもしれませんね。

育児ノイローゼカウンセラーは、産婦人科や行政機関など多くの場所で活躍していると聞きます。行政や病院などの専門的な知識をもったカウンセラーだけでなく、先輩ママの意見などもストレスや悩み解消にはとても役立つようです。実際に子育てを経験している人の体験談や失敗談などは、育児で悩む人にとって自分だけではないんだという安心感を与えてくれるようです。

育児中の人は常に一人で悩みすぎないよう気をつけた方が良いでしょう。
posted by ねこ at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼによる虐待

育児ノイローゼによる虐待で幼い子供達の命が消えていくニュースを目にし、いたたまれない気持ちになる人は少なくないでしょう。

育児ノイローゼとは育児に携わる人が過度のストレスからノイローゼになってしまうものです。
モヤモヤとした気持ちから虐待にはしってしまう人もいるようです。
虐待には精神的に影響を及ぼすものと肉体的に影響を及ぼすものとがあります。
育児ノイローゼではその両方の傾向が見られ、もはや常識的な判断などが出来る精神状態ではなく、追い詰められ逃げ場のない苦しい精神状態に陥っている人が多いと聞きます。
虐待によって命を落とす子供も少なくなく、育児ノイローゼによる虐待を減らそうという動きは年々高まっているようです。

子どもたちへの虐待は後を絶ちませんが、育児ノイローゼになった人が皆虐待へと走るわけではない事をよく理解しておかなければいけません。
核家族化が進む今、どうしても家の中に閉じこもりきりになってしまう現状によりノイローゼになってしまう人は増えているようです。
しかし、大半は虐待にまで結びつかないようです。

育児ノイローゼになる人はとても几帳面な性格であったり、バリバリと仕事をしていた人であったりという話は耳にします。
しかし、誰もが育児ノイローゼになる危険要素を持っていると聞きます。
昔であれば大家族の中で子育てをする人が多かったことから、常に誰かがそばにいて会話をすることが出来るので育児ノイローゼになる事も少なかったかもしれません。
しかし、少子化や核家族化などで子育てを助け合ったり、共感したりすることが少なくなった現在では、育児ノイローゼになってしまう要因がたくさんあると言っても過言ではないでしょう。

育児ノイローゼによる虐待を繰り返す人のなかには、自分自身も虐待を受けていたという人もいるようです。
虐待の連鎖を断ち切る為には本人の意思によるところが大きく、育児中の虐待は周囲の目が届かない事もあって発見し難いという話もよく耳にします。
育児ノイローゼによる虐待では本当はしたくない、この現状から助けてほしいと思っている人も多いのです。
周りの手助けで虐待地獄から抜け出す事も可能なようです。
虐待は赤ちゃんだけでなく育児に携わる者にも精神的、肉体的苦痛を感じさせると聞きます。
ですから、少しでも早くストレスから救ってあげる必要があるようです。
posted by ねこ at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育児ノイローゼに効果のあるサプリメント

育児ノイローゼとは育児に中心的に携わる人がストレスなどでなり易い症状のひとつです。
ストレスを解消することにより症状を緩和する事も可能なようです。
育児中は慣れない姿勢をすることも多いことから腰痛や肩こりや腱鞘炎などで悩む人も多く、育児ノイローゼに発展してしまうこともあるようです。
育児ノイローゼにならないように早めにストレスを解消するのに役立つのがサプリメントです。
肉体的疲労を回復してくれるサプリメントが人気と聞きます。その多くは錠剤で簡単に服用することが可能です。
ですから、早めにサプリメントで体力の回復をしてみるのも良いかもしれません。育児ノイローゼに直接的に効果があるというサプリメントは残念ながら無いようです。
しかし、肉体的な疲労を解消するだけでもかなりの効果を感じる事ができるようです。

育児ノイローゼと一緒に体調不良を訴える人も多いと聞きますから、疲労回復効果の大きいサプリメントを利用してみると良いかもしれませんね。
しかし、サプリメントに頼りすぎて食事をしないというのは逆効果になってしまう事もあります。
ですから、三度の食事とサプリメントを上手に利用して育児ノイローゼ解消をしてみると良いでしょう。

産後は骨などがもろくなっている人も多いという噂も耳にします。
カルシウムの多く含まれるサプリメントを活用するのも良いかもしれませんね。

育児ノイローゼは誰もがなり得る症状であるという話をよく聞きますので、自分だけが苦労していると思わない方が良いようです。
初めての育児は誰にとっても苦労と悩みの連続です。
双子などの多胎児になればなるほど育児ノイローゼになる確立も高くなるという噂。
真面目で潔癖で融通の利かない人がなるのではという憶測もあるようです。
しかし、一概には何が原因となるとは決められないようです。
サプリメントで体力の回復を行っているだけでも育児は随分ラクになるという話も耳にします。
ですから、育児ノイローゼ予防としてのサプリメント利用は効果があるといえるかもしれませんね。
posted by ねこ at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。