2008年08月13日

育児ノイローゼの症状

育児ノイローゼの症状は人によって様々です。

慢性的な虚脱感や虚無感を感じる人もいます。赤ちゃんの世話だけでなく自分の事すらも何もしたくないと思ってしまうようです。

赤ちゃんと2人きりで家に閉じこもりがちになってしまう新生児期は、特に社会から取り残されたように感じてノイローゼの傾向が強まるようです。育児ノイローゼになってしまうと本人だけでなく、赤ちゃんまでも危険な状態になる事もあるようですから周囲の人は常日頃から出来る限りのサポートをすると良いでしょう。

症状が進むと、鬱病や虐待などに発展するケースも多く、育児ノイローゼによる事件や事故が絶えることはないようです。鬱病とは精神病の一種で慢性的に絶望感や不安感などが襲ってくるものです。育児ノイローゼが発端となる場合も多々見受けられると聞きます。

育児ノイローゼから虐待に発展するケースでは、育児というものが核家族化の影響で閉鎖的な空間で行われる場合が多いことも原因のひとつとなっているようです。鬱病も虐待も進行すればするほど赤ちゃんの生命を脅かしかねない重大な事態になりかねないです。ですから、早めにストレスを解消させるよう手助けする必要があるでしょう。

育児ノイローゼによって起きる事故や事件などは本人も追い詰められた末の出来事であり、周囲のサポートがあれば回避できたものも少なくないようです。一人で子育てという激務を抱え込まないよう手助けすることで、育児ノイローゼになり難い環境を整えると良いようです。実際になった人の話を聞いてみると、育児中の孤独感や周囲の無理解や手助けの無さなどが原因という人もいるようです。

育児ノイローゼは決して特別な環境や性格の人がなるものではなく、誰もがなる可能性があることなので気をつけた方が良いでしょう。
posted by ねこ at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。