2008年08月13日

育児ノイローゼの深刻さ

双子を育てている人に話を聞いてみると、育児中にノイローゼになるのではないかと思った事がある人が大変多いという結果があるようです。

一人でも大変な子育てという状況の中で、双子の育児はさらにハードルがあがる傾向にあります。切れ間のない育児で、ノイローゼ状態になってしまう人もいるようです。双子は昔から双子特有のテレパシーなどで通じている事も少なくなく、同時に泣かれたり同時に要求したりという状況から、育児ノイローゼになってしまう事もあるようです。

一人だけであれば赤ちゃんが寝ている間にわずかでも休憩を取ることも可能です。しかし、双子の育児では休憩も皆無という時があり、育児ノイローゼになってしまのうかもしれません。

しかし、双子をもつ親が全てなるのではなく、若干可能性が高いというだけのようですからそれほど心配しなくても良いようです。

育児ノイローゼは慣れない育児によるストレスが原因であると言われ、双子などの多胎児はさらに精神的、肉体的ストレスがたまり易いと聞きます。双子など多胎児の育児に携わる人は単純計算でも苦労は倍になることを考えて、早めに身内や友人などのサポートをお願いしておくと良いでしょう。

官公庁などでは、多胎児の親に対するサポート事業なども数多くあるようなので積極的に活用してください。もちろん、多胎児の親でなくても気軽に相談にのってくれる行政電話相談などもあるようですので、活用してゆきましょう。

育児ノイローゼによる虐待なども最近増加傾向にあるようで、行政などが率先して対策を講じているようです。保健士などが積極的に出産後の経産婦の状況を電話で確認をしているという実例や、産婦人科の定期検診で相談を行っているようです。

育児ノイローゼは、一人で考え込んでしまうことがよくないのです。恥ずかしがらずに多くの人の手助けを請うと良いかもしれませんね。インターネットの育児サイトなど活用して悩みやストレスを解消している人も多いと聞きますから、利用してみると良いでしょう。
posted by ねこ at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。