2008年08月13日

育児ノイローゼとストレス

ストレスとは精神的に感じる苦痛や緊張、またそのような状況を指す言葉で、育児によるストレスによりノイローゼになる人も少なくないと聞きます。

育児ノイローゼを早期解決するためには、原因であるストレスを取り去る事が必要で、周囲のサポートが大切なようです。

特に出産間もない新生児などは3時間置きの授乳などに代表されるように大変手がかかります。ですから、過度のストレスを感じてしまう人も多いようです。

育児ノイローゼにならない為には周囲の手助けや精神的な支えなどが大切です。また一方で、本人の考え方ひとつでも簡単に育児ノイローゼを回避する事ができるようです。
核家族化が進んだ現在では育児書を参考にして子育てをする人が多く、育児書と少しでも違うとストレスを感じてしまうようですね。そして、最終的に育児書のせいで育児ノイローゼになる人もいるようです。

また、オムツ交換をしたとたん汚れたり、着替えが済んだとたん汚されたりという繰り返しによってストレスを感じる人もいるようです。
私自身子育ての経験があり、育児は見えないトンネルの中でもがいているような状況に思えることが多々ありました。育児ノイローゼになるのではと思った事も一度や二度ではありません。しかし、私が思い症状に至らなかったのは、赤ちゃんとは無駄と思えることを何度も繰り返して成長するものだと早々に諦めがついたおかげかもしれません。

早め早めにストレスを解消させる方法は色々あります。

新生児期の慢性的な寝不足を解消する為に、周囲の人がほんの30分でも赤ちゃんの面倒をみてくれることなどが大切です。このような実質的サポートばかりではなく、子育てをしている人の苦労を理解してあげることも必要です。そして、感謝の気持ちを表したりするだけでも随分ストレスが緩和されるようです。

女が子育てをするのは当たり前、誰でも子育てくらい完璧に出来るものという誤った認識を持っている人などは、育児ノイローゼを悪化させる原因になりかねませんから気をつけた方が良いでしょう。



posted by ねこ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。